FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルールとマナー

ルールとマナー
これを同じだと思っている人が多い気がする。

ルールというのは決まりごと。これは、人が人として円滑なコミュニケーションを取れるよう
最低限のことをまとめたもので、非常に広義で一般的なもの。
マナーとは、ルールでは足りないものを補足・補填し、イレギュラーな場面、ローカルな環境等で自然と作られるもの。

リアル社会で言えば、ルールに違反すれば捕まったり罰則金が出るが
マナーに違反しても捕まらない。罰則義務も条例がなければない。
具体的なところでは、スピード違反はルール違反。路上喫煙はマナー違反。

ルールになければ、ルールの範囲内でやっていれば、いくらマナー違反をしても良いというのは・・・
どこぞのクラン・・・言わずもがなです。

このあたりを「自由」と勘違いして行動する人がいますが
基本「ルールのない自由はない」ですし、マナー違反がひどければ「さらに厳しいルールが作られる」となります。
ルールとは「自由の履き違え」と「マナーの決め事」と「周りとの協調」から、出来たものであり
あまりにヒドイ自由には、必ず「ルール」が追加されます。
いつの世も、どんな環境でも一般的に「マナー」とされている事を破る人はいますが
それは「他人との協調ができない」事をアピールしているだけであり
つまり自分の行動が首を絞める事になることが理解できていないだけ。
まぁー、そういう人は自分の首が絞まったところで逃げるだけなんでしょうけどね。

ちょっとマジメな内容を書いてみました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- - 2014年09月15日 18:00:22

たまに寄らせてもらってます。

言いたいことは、とてもわかります。

なにか原因があって起きたことだと思います。
起こってしまったものはしょうがないですけど
初期の段階で、その原因を作らないようにする事もできたんじゃないかな?

しかし、実社会のなかでも利権が絡むと、色々と起きるようですが
ゲームの中でもそんなことで、揉め事が起きるなんて
なんか寂しいですね。

- Gure - 2014年09月15日 21:05:51

どなたかご存知ありませんが、コメントどうもです。

> 初期の段階で、その原因を作らないようにする事もできたんじゃないかな?

一般にはそうですよね~
ただ、原因は全くわかりません。
また、我々がそういった迷惑行為を受けるようになったのは
ゲーム内でも、かなり後のほうです。
ですので「ただ単にそういう集団」だという認識ぐらいです。

そして、私らのクランは社会人ですのでゲームの住人ではありません。
起きて、飯食って風呂入る以外はずっとゲームの中にいるような方達とは
争っても勝てるわけがありませんし
そんな連中にゲームで勝っても別に何とも思いませんので
一切関わらないを徹底しています。結果、揉め事もありません。
(先方がどう思っているかは知りませんが、それも興味はないです)

自分がされても「暇人なんだなー」程度しか思いませんが
仲間が何かされて感情的になっているのを見ると「落ち着け」と思います。

「ルールとマナー」というタイトルを持ち出したのは
クラン内外問わず、最近色んな情報を受け取ったときや
俗に言う「2ch」情報を見るよう促された時に参照すると
ルールとマナーの異なる二つの言葉をごっちゃに使っている人が多く
そのため情報が錯綜し、正しくない情報が入ってしまうという事から
こんな記事を書いた次第です。

原因か~
ゲームとは楽しむ事を目的とし、それは集団として活動することで
得られるなら和を持って楽しむ。こんなふうに私は思っていますが
「人に迷惑をかける事で喜びを保つ楽しみ方」
こういう類の方の原因を作らないというのは私には答えが出ません。
「迷惑をかけて楽しむ人の原因を作らない=ゲームをしない」
これは私にとって回答ではありませんし、何か良い答えがわかる方がいたら、是非ご教授いただきたいところです♪

- 夢魔 - 2014年09月17日 13:02:39

こんな簡単な道理が理解出来ない、本当に親の躾が悪かったんだろうなと。
某クランの某Drkのブロクとか時々情報収集のために読んでますが、得意げに、そして正論だと信じ込んで書いている文章には憐れみすら感じます。
そして、彼らのそういう考え方は、本質的な部分だけにまず間違いなく、ゲームの世界だけでなく現実の世界でも同じだろうと思います。
恐ろしいことです。

- 夢魔 - 2014年09月17日 13:17:07

ではどうして彼らはあんな行為を続けるのか。
先日犯罪心理学の観点から犯罪抑止を研究されている先生とお会いし、面白い話を伺いました。

曰く、「犯罪者は常にリスクとコストを考える」のだそうです。もっと言えば人間が犯罪を犯すかどうかはリスクとコストだと言うのです。

簡単に言えば、誰しも「こいつぶっ殺してやろうか」と殺意を抱くことはありますよね。しかし殺したら逮捕されるかも、仕事も家族も失う、下手したら死刑になるかも…数々のリスクとコストを計算し、一般的な人は犯罪を犯さないのだそうです。

ルールとマナーの違いはそこに強制力が存在するか否かですが、人がそれを破るかどうかは同じです。要するに彼らの中のリスクとコストが低いから、迷惑な行為を続ける訳です。

結局辞めさせるには彼らのリスクとコストを増やすしかない。しかしその責任と影響力の多くは、ゲームの世界である以上運営が持つということです。小さな意見を集めてでも運営を動かさなければ解決はないかもしれません。

トラックバック

URL :

プロフィール

GureErug

Author:GureErug
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ストレス解消!『ゾンビ打2』ブログパーツ
ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2
スペシャルフォース「おりゃりゃりゃ」ブロ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。